エリオット波動論

FX エリオット波動|推進波と修正波の種類

更新日:

←応援クリックありがとうございます!

 

こんにちは~しんたろうです。

 

エリオット波動論にはいくつかのルールが有り、今日のFXデイトレードにも

通用するルールです。推進波と修正波の種類と一緒に覚えてください。

 

必ず覚えてもらいたいエリオット波動

鉄のルール

 

1.推進波第三波は最短にならない

第三波が最短になることはない

推進波を3つのパターンに分類してみました。

まず1は第三波が最長になるパターンです。

2は第一波が最長になり、3は第五波が最長になります。

この3つのパターンでも第三波は他の波と比べて最短になることはありません。

もし他の波と比べて短い場合は波のカウント方式を間違えている可能性があります。

 

2.第一波の始まりを第二波が割り込んではならない

正しいカウント

第一波という波は特性上、神々の波です。開始を割り込むことはトレンドの定義として間違っていることになります。

もし安値を割り込んでいるのにもかかわらず高値を更新した場合、図で言うところの第三波が第一波としてカウントし直すことになります。

 

3.第四波が第一波の高値を割り込んではならない

第四波が割り込んではならない

 

FXのようにレバレッジがかかった相場では、割り込むこともありますがトレンドが出ている相場で見かけることは少ないです。

以上が推進波のルールでありますが、修正波の種類はもっと複雑になります。

 

修正波①~ジグザグ~(5-3-5)

ジグザグ

トレンドが出ている相場ではb波の頂点はa波の始点よりもかなり低くなります。

修正波②~フラット~(3-3-5)

フラット

ジグザグと違ってフラットのa波は完全な五波として展開するほどの勢いはなくb波も逆方向に強く引っ張るだけの力を欠いているようであり、a波の始点近くで終了することがあります。c波もa波をわずかに超えたところで終了することがあります。

修正波③~トライアングル~(3-3-3-3-3)

トライアングル

三波が組み合わさり独特の形を形成していきます。

ある程度完成しないと見えてこない一番難易度が高い修正波かもしれません。

特に逆対称型の出現は非常に珍しくFXのチャートでも中々見かけることはありませんが

覚えておいて損はありませんので収録させて頂きました。

 

もちろん修正波はこれだけではありません。

ジグザク+フラットやジグザグ+トライアングルなどの複合型もあり注意が必要です。

まずはチャートに波を引き素直にカウントしてみてください。

もしかすると次の一手が打てるかもしれませんよ。

それではまた~

←応援クリックありがとうございます!

タイアップFX会社

FXトレード・フィナンシャル

おすすめ記事

-エリオット波動論
-, ,

Translate »

Copyright© FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター , 2019 All Rights Reserved.