しんたろうのFX勉強会

FXその他

知識や経験は絶対に盗まれません

応援クリックありがとうございます。

 

※この記事は2020年10月11日にゴゴジャングルにて公開された記事です。
 

 

こんにちは~しんたろうです。

思いついたことや閃いたことを書いているこのブログですが、最近思っていることがあるのです。

それは知識や経験って本当に宝物なんだな~ということです。

誰にも奪われないし、盗まれません。

FXの知識や経験って今は何でもないかもしれませんが、必ず財産になっている日が来ると思うのです。

今回はしんたろうのFX勉強会で是非学んでいただき、自身のトレードレベル向上を目指していただきたく書かせていただきました。

最後まで読んでいただければ幸いです。

苦しくても必ず花開く日が来ます!

しんたろうのFX勉強会では、波引きから始まり、トレンド、波のカウントなど様々なチャートの見方、考え方を学びます。

エントリー手法に至っても様々で、しんたろうが今ままで得た知識や経験、勉強会で閃いた手法など、惜しみなく解説しております。

勉強会自体も設立から5年以上経過しましたが、参加される方は今も昔も変わっておらず、共通した考え方を持っている方が多くいらっしゃるように感じます。

その全てに共通して言えることは、やはり本人の努力が成績にそのまま反映するということです。

トレンドを理解するのは、一見簡単なようで意外と分かっていない方も多く、You Tubeなどの動画で何個も公開した波引き動画も、いざやらせてみると全く分かっていない方もいらっしゃるくらい難易度が高いものとなっております。

何回もダメだしされると嫌になって退学される方もいらっしゃるくらい勉強会は厳しい指導の場ですが、それでも歯を食いしばって頑張った人にだけ開ける道が必ずあると私は考えております。

私もそうでしたが、師匠からダウ理論を教えてもらった時は、今の勉強会のように答えになる動画もなく、ほぼヒントもなく進んでいきました。

「来週までにダウ理論が一体なんなのか調べてこい」

これが最初に出された課題だったのですが、その時はネットに書いてある情報だけを頼りに調べるだけ調べて、それでも不安で「師匠のことだから何か裏があるかも」といろいろな書籍を読み漁ったものです。

Wikipediaに書いてある情報をそのまま説明したら怒られるだろうな~(泣)

そんなことを思いながら調べておりました。

今ではYou Tubeなどで解説されている方が大勢いらっしゃいますが、私がFXを始めたころは全くいらっしゃらず、ダウ理論に関係する書籍も殆どありませんでした。

あっても全て有料で金額も高額。とても気軽に購入できるようなものではなかったのを思い出します。

発表の日

師匠に今まで調べたことを全て話しました。

ダウ理論には6つの決まりがあって・・・・ものすごく難しい内容でしたが、苦労して得た知識を師匠に報告しました。

「おまえ、ダウ理論のこと何も分かっていないな」

この言葉を聞いたとき、一気に穴の底に落ちるような感覚になったことを今でも覚えております。

「もう一度調べてこい」

嘘だろ!?あれだけ調べたんだからもうないだろう・・・でも何かが間違っていたんだから、もう一回調べてみよう。

毎晩のようにネットをさまよい、高級な専門書籍が置いてある書店にまで足を運び、何時間も立ち読みして覚えて帰ってはの繰り返しをしておりました。

もちろんその頃は仕事もしておりましたから、寝る間を惜しんでダウ理論が一体どんな理論で、師匠の求める答えは一体何なんだろう?こればかり考えておりました。

そして精神も体力も限界に来てしまい、ノイローゼ寸前まで追い詰められていた自分がいました。

再発表の日

今まで調べたこと以上の情報が出てこず、結局師匠にギブアップ宣言をするのですが、師匠から出された一言

「ダウ理論はトレンドを説明した理論だよ」

へ??それだけ???

あんだけ駆け回ったのは一体何だったの?

何かが崩れ落ちるような、肩から何かが取れるような感覚を感じました。

要するに難しく考えすぎていて、細かく調べすぎており、肝心なトレンドのことを説明している理論だと気がつけずにいたのです。

木を見て森を見ず

そんな自分が昔の自分だったのです。

当時の私はインディケーターをチャートに配置し、難しい理論や勝者だけが知っている特別な知識を使って日々勝っているトレーダーがたくさんいると思っておりました。

しんたろうが知らない特殊なインディケーターがあって、それを使えば勝てる

そんなことを思いながらトレードしていたんだと思います。

でも現実は違います。

基本に忠実に、チャンスが来るまでひたすら待ち続ける

これがトレードの主で、自分に課したトレードルールをひたすらに守っていくのがトレーダーなんだと気がついたのです。

私は勝手に勝ち組トレーダーを想像し、見た証拠がないのに訳のわからない妄想を膨らませ、挙句の果てにはFXを更に難しいものへと押し上げていたことに気が付きました。

師匠は私の考えなどすでにお見透視で、今まで負け続けて凝り固まった考え方を崩さないとダメなことに気がついてくれていたんだと思います。

0に戻る勇気を持つ

当時のしんたろうもそうですが、負け続けている方は一貫して変なこだわりがあるように思えます。

あれだけインディケーターやチャートをいじってきたんだから、独学で勝てるようになるのではないか?

そもそもその考え自体がここまで事態を悪化させ、無駄なお金と時間を浪費し続けてきたことは言うまでもありません。

勉強会に入られたばかりで、今までFXをなんとなくやってきた方は、頭の中が凝り固まっており、私の言うことや指導することを受け入れられない傾向にあります。

特に男性に多いのですが、勝てるようになるにはまず今までの自分と決別し、凝り固まった無駄な知識や考え方を全て捨て去るところから始めなくてはいけません。

ですがどうにも捨てきれず、負け続けたルールにしがみついている方がいらっしゃるのです。

勝てるようになるためにはまず負け続けた自分を捨てる事から始めなくてはいけません。

これが一番難しくてかなり苦しいのですが、負け続けた自分をきっぱり捨てるのは、自分を全て否定するようでなかなか出来ないことです。

自分も最初、0に戻るように師匠に言われましたが、師匠のことを素直に受けいられるようになるまで4ヶ月くらい時間がかかったと思います。

「勝っているやつのマネしたほうが早くない?」

師匠がどうしようもない私に言った言葉です。

FXを始めた理由を忘れ、いつの間にか研究家になっている自分がいたのです。

何のためにFXを始めたのか、いつのまにか理由がすり替わっていたのかもしれません。

お金を儲けたくてFXを始めたんなら、目の前で勝っているやつがいるのを真似したほうが早いよな~

そう思ったら今までこだわってきたプライドや頑固な性格が一気に音を立てて崩れていきました。

それからはまずシンプルに考え、こだわりを捨て、師匠の出す課題をクリアすることだけに専念しました。

やっと勝てるようになるまでにかなりの時間がかかりましたが、毎日20PIPSずつ取れるようになった時は飛び上がるほど嬉しかったです。

私はあの時感じた思いを、勉強会に参加されている方にも感じてもらいたいのです。

お金で毎日悩みたくないのなら

負け続けている方は、軌道修正しようと土日の動かないチャートに向かって戦略を考えていませんか?

私はその行為も無駄だと思います。

根本が間違っているのですから、一刻も早く師匠と呼べる先生に会って教えてもらったほうがいいと思います。

プロ野球選手には一流のマッサージ師やスケジュール管理、体調管理をするマネージャーがいると思います。

一人で何とかなる世界ではありませんし、その道のプロにおまかせしたほうが手っ取り早いことを一流選手は知っております。

出来ないことはわからない

専門家に頭を下げて教えをこいた方がいいと思いませんか?

もちろん私の勉強会だけではなく、他の方でもいいと思います。

お金で毎日悩みたくないなら過去の自分を捨てて専門家に助けを求めるべきです。

お金を稼ぎたいなら勝っているやつのマネをしたほうが早い

これが今の勉強会にも活かされている考え方の一つ

今では膨大な勉強会動画もありますし、ブログを検索すれば調べたい内容がそのまま出てきます。

今と昔とでは便利さが違いますが、それでも本人の努力次第だということは変わりません。

寝ているベットの上でお金について悩みたくないのなら早く決断し、お金を増やす技術や考え方を学んだほうがいいと思います。

最後に

私もそうでしたが、知識や経験は誰かに発信できるようになって初めて自分のものになると思います。

You Tubeなどで動画を公開している方も目的は違えど、知識を公開するのは同じことなのではないでしょうか?

勉強会に入ろうか迷っているなんて時間の無駄だと思います。

即断即決できる方が投資で勝てる唯一の人種です。

時間は地球上に住んでいる全員に等しく流れております。

無駄に垂れ流して人生無駄にするくらいなら、一緒に飛び込んでみませんか?

お金が稼げるようになるだけでも見ている景色が変わって見えるようになりますよ。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

応援クリックありがとうございます。

タイアップFX会社

LIGHT FX

-FXその他
-

© 2021 FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。