FXデイトレード手法 エントリーパターン集

FXデイトレード手法|「W」「M」「N」をローソク足ダウから見つけ出せ!

応援クリックありがとうございます。

 

こんにちは~しんたろうです。

今回は日頃見ているチャートから「W」「M」「N」の形を見つけ出そうというテーマで書かせていただきます。

勘がいい人は「はは~ん。ダブルボトムとかの話だな~」と思うかもしれませんが、その通りですw

ただそれをローソク足レベルに落とし込んで見つけるという話ですので、初心者の方は是非最後までお読みになってください。

 

ローソク足に隠されている「W」「M」「N」とは?

まずは基本のおさらいです。FXの教科書的な書籍にはダブルボトムとかトリプルトップと記載されていると思います。チャートで言うとこんな箇所です。

ダブルボトム

ダブルボトム

トリプルトップ

トリプルトップ

高値安値圏にダブルボトムやトリプルトップが出現するとトレンドの転換を表します。

それが長期トレンドで発生すると一気に流れが変わりますので、とても重要なチャート情報となるのです。

ただこのチャートパターンが登場するまでには相当の時間がかかるため、初心者が気付く頃にはもう終わっているなんてこともあったりします。

なので日頃からチャートの長期足を確認し、どこに転換パターンが登場するのか波引きを欠かさず行う必要があり、特に大きく動いた日は必ず長期足をチェックする必要があるのです。

もちろん日頃から注意深くチェックしていれば問題ありませんが、何もダブルボトムやトリプルトップは波の中にだけ存在しているわけではありません。ローソク足の中にも存在しているのです。

ローソク足ダウの波引きから分かる「W」「M」の形とは?

しんたろうのFX勉強会ではローソク足レベルの波引きも学習の課題となっております。

ただ初心者の方がいざ、ローソク足レベルの波引きを行おうとしてもうまく行かず習得にはちょっとお時間がかかる事もあったりします。

もちろん練習を欠かさず行えば必ず習得できますが、習得すると今回お話する「W」「M」の形がよく見えてくるのです。

2020年8月20日頃のEURUSD4時間足チャート

ではまずは練習です。上記のチャートの何処に「W」や「M」が潜んでいるでしょうか?ローソク足レベルの波引きを行い発見してみてください。

 

 

・・・・分かりましたか?勉強会生徒様は簡単すぎましたよね~

 

では答えです。

まず注目すべき点は高安付近に4時間足レベルでもトリプルトップやダブルボトムなどが存在している点です。

ローソク足レベルでも波と同じように形成するということが分かると、形が完成してからトレードすればいいのではと考えるのが普通だと思います。

要するに、先端を狙うよりも狙っている形が完成してからトレードしたほうが、しっかりエントリーできるポイントは多数あるということが分かりますので、長期のトレンドに従ってダブルボトムやトリプルトップなどを見つけると効果的だと思われます。

「N」は継続の形

チャートの高値安値圏に「W」や「M」の形が見えてくると相場の転換を表すことは分かりましたが、それでは「N」は何処にいるのでしょうか?

まずはチャートを確認してみましょう。

2020年7月上旬EURUSD4時間足チャート

このチャートはアップトレンドを形成し始めたばかりのようですが、この中に「N」が見つかるでしょうか?

 

こちらは簡単すぎましたねw 答えはこちらです。

 

左側にあるダブルボトムから転換し、「N」の形を形成しております。

この「N」の形が見えてくるとチャートでいるところの継続を表しますので、アップトレンドが継続すると考えて頂ければトレードの参考になるかと思います。

もちろんこれは4時間足チャートの波に対しての「N」なので、ここからはローソク足レベルの「N」を探してみたいと思います。

ローソク足レベルの「N」

ローソク足レベルの「N」は至るところにあるので、ご自身のチャートでも簡単に見つけることが出来ます。

まず見つけるポイントは上記のチャートの場合、一番最初の陽線の安値付近です。

反対勢力の陰線が陽線安値付近を意識しているのがお分かりになるでしょうか?

勉強会では「クイッと」なる箇所という風に学習しますが、この陽線と陰線のサンドイッチ状態になっている箇所が、「N」の形になります。

もっと簡単に説明すると、注目するローソク足の安値付近から反転したローソク足は、全て「N」の形になる可能性が高く、継続を表すということが言えるのです。

上記のチャートもアップトレンド中の「N」ですが、見事に陽線安値付近を意識してから反転しているのが分かります。

この形が分かってくれば、この先も継続する可能性があるということが分かりますので、相場環境認識を行う上でとても重要な情報とも言えるのです。

 

まとめ

覚えるローソク足のパターンは大きく分けて3つです。高値付近と安値付近、それと継続するパターンで、これらのローソク足パターンを覚えてしまえば、それが完成してからトレードするという考え方になり、結果、後出しジャンケンになるというわけです。簡単でしょw

まずは先端でトレードしてかなり痛い目にあっている方は落ち着いてチャートを確認し、「W」「M」「N」の形が何処にあるのか確認してみてください。

もちろん逆のパターンもありますので、文字を逆さまにして考えてみるのも必要ですよ~ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

 

参考文献

 

応援クリックありがとうございます。

タイアップFX会社

LIGHT FX

-FXデイトレード手法, エントリーパターン集
-

Translate »

© 2020 FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。