エリオット波動論

FXエリオット波動論|簡単に修正波を探せる?ポイントとなる3つの見方とは?

応援クリックありがとうございます。

 

 

こんにちは~しんたろうです。

FXシンプルトレードレポート購入者様から「現在の波が修正波なのか推進波なのかよくわからない」という質問をいただきました。

確かに気がついたら修正波になっていた!!なんて話は珍しくありません。でも欲を言えばもっと早期から自分が見ている波が修正波なのか推進波なのか知ることが出来れば対応した戦略を練ることが出来ると思います。ということで今回は修正波に着目して、簡単に見分けることが出来る3つのポイントを厳選してみました。逆張りをしてしまう方は是非最後までご覧になってください。

 

こんな方におすすめ

  • トレードすると相場が自分の考えている方向とは逆へ動く
  • 推進波と思っていたのに気がつく頃には修正波だった
  • 相場環境認識を行っているが明確な答えが得られずにいる
  • そもそも推進波なのか修正波なのかよくわかっていない

修正波を見分ける3つのポイントとは?

そもそも修成波が何故出現するのかと考えた場合、真っ先に出てくる答えが「利食い」ではないでしょうか。

こちらのチャートを御覧ください。

こちらのチャートはGBPJPY4時間足チャートなのですが、青い波を推進波、赤い波を修正波とすると何故修正波が発生したのか確認するとこの場合、直近のラウンドナンバー(キリ番)にあったためと考えられます。

ラウンドナンバー(以下:キリ番)は注目する水平線と同様で、かなり目立つ価格となっており、利食いされる可能性がかなり高いと言えます。

 

このように相場の参加者が「ここで利食いしよう!!」と考えられるポイント=修正波が発生するのでは?と考えると、修正波を理解するのは難しくないのではないかと思います。

とは言っても上記のようなチャートばかりではありませんし、修成波が成長して結構なサイズ感になることもしばしばです。

まずは修正波が発生しやすいポイントを3つ上げてみましょう。

 

1.直近の高値安値

まず現在の波から見て、直近の高値安値を更新すると、修成波が発生しやすいと言えます。

こちらのチャートをご覧になってください。

こちらのチャートは直近の安値を更新した際に発生した修正波となっており、緑色の波が修正波となります。

このように注目している高値安値を更新すると修成波が発生しますが、100%絶対に発生しているとは限りません。

ポイントは「注目していたのかどうか」です。

こちらのチャートは、直近の高値を更新したにもかかわらず修成波を作らなかったチャートです。

ということは直近に出現した高値は相場の参加者にとって、目立つ高値ではなかった?とも考えられます。

もしかすると見ている時間軸が小さすぎたために修成波を作らなかったかもしれません。

 

「それならポジションを持ち続けても大丈夫かな~?」

と考えるかもしれませんが、相場の参加者が利食いの対象にしなかっただけで、小さい修正波位は作るとも言えます。

なので私達は注目するのでは?と思うような高値安値が左側のチャートにあった場合、修成波が来るかもと常に警戒していなければいけません。

 

「修正波が来るなら逆張りしてもいいのかな?」

もしかするとこう考える参加者もいるかもしれません。

もちろん逆張りを悪だと言うつもりもありませんが、無駄なトレードを量産する原因となる波であることは言うまでもありませんので、極力修正波とわかっているのにトレードを積極的に行うのは良くないと私は考えております。修成波が大きく成長すればあるていどの利益は見込めますが、小さな修正波で終わった場合のリスクは高いのではないでしょうか。

なので修正波に慣れないうちは様子見が無難だと言えます。

 

2.注目するラウンドナンバー(キリ番)

冒頭でも解説しましたが、キリ番付近では修正波がよく出現するので注意が必要です。

メディアやニュースなどでも為替に関する情報が発信される場合、例えば「USDJPYが120円突破!!」とか「10年ぶりに高値更新」なんて言葉を目にすると思います。

ですが「USDJPYが120.53を突破しました~!」とニュースで報道されても一般の方には「細かい数字言われても良く分からない」となってしまう可能性があります。

 

あくまでも一般の方や為替に関係する職業の方が重要視されるのはキリ番なので、キリ番さえ分かっていてそのあたりのローソク足の値動きを確認しておけば修正波が発生するのかどうか知ることは可能だと言えます。

それにキリ番は修成波の終わりを予想することにも使用します。こちらのチャートをご覧ください。

先程のチャートの安値付近に注目していただきたいのですが、修正波の終点とキリ番が重なっているのが分かると思います。

注目するキリ番は修正波の始まりと終わりを知る上でも欠かせない情報なので、出来るだけインディケーターを使ってキリ番を知るのもトレードする上では必要ではないでしょうか。

 

3.推進波の波が完成した後

最後の3つ目ですが、推進波(5波)が揃った後に修成波がよく出現します。

推進波が3波で終わることもありますが、5波になった場合は高い確率で修正波が出現しますので、修成波を知る上で必要な情報となります。

どの時間軸で推進波5波が出現するのかわかりませんので、自分が見ている時間軸、例えば1時間足、4時間足、日足あたりで5つの波が確認できる場合は出現するのでは?と考えたほうが安全だと思います。

上記のチャートは週足で修正波発生を確認できましたが、どの時間軸でも出現するので相場環境認識は必ず長期足から行うのがいいと思います。

 

まとめ

以上、簡単に探せそうなポイント3つを解説させていいただきましたが、修正波に関して言えばある程度完成してみてから判断しても遅くはないと思います。

むしろ修正波なのか推進波なのかよくわからない状態でトレードするのが一番危険なので、自分がわかる簡単な相場が発生し確認できるまで待ち続けたほうがいいと思います。

激甘な相場がいつ発生するのかはわかりませんが、チャンス相場が来たときにしっかり動けるように用心してチャートを確認していきたいものです。

また有益な情報がありましたらご報告させていただきます。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

応援クリックありがとうございます。

タイアップFX会社

LIGHT FX

-エリオット波動論
-,

© 2021 FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。