しんたろうのFX勉強会

トレードルール

FXトレードルール|FXにもダイエットが必要?自分にとって一番簡単なトレードとは何か?

応援クリックありがとうございます。

 

 

こんにちは~しんたろうです。

2021年7月31日で第一次勉強会が幕を閉じたのですが、8月1日から早速、第二次勉強会がスタート。開幕直後に参加者全員がマイナス損益からスタートするちょっと珍しい事態となり、波乱の幕開けとなってしまいましたw

もちろん全員勝てるトレーダーではありませんし、これから多くのことを学んでいけばいいだけで、序盤で負けたからと言って何も問題はありません。しっかりコツコツ積み上げていけばいいだけの話です。

というわけで今回はそんな参加者様のためにトレードルールを考えてみたいと思いますが、私が全部お話するわけにはいきません!トレードルールを作る上で最も大切なことを考えてみたいと思います。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • トレードルールがない方
  • 毎回損切りばかりしていて損益が落ち着かない方
  • これからトレードルールを作ろうとしている方
  • トレードルールが複雑すぎてどうしていいかわからない方

 

 

自分にとって一番シンプルで簡単なトレードルールを作ろう!

過去記事

FXトレードルール|FXでお金を稼ぐための5つのスキルとは?

FXトレードルール|自分のトレードルールを実行する前に必ず考えなくてはいけない5つのこと

FX資金管理|ギャンの価値ある28のルールと損失許容金2%について

大負けした時に気が付きます・・準備不足だったと

 

読者様はトレードルールを作っていらっしゃるでしょうか?

「そんなの作ってないよ~」

「作っても意味なくない~?」

なんて意見もあるかもしれませんが、自分を守る上で最も大切なことはトレードルールだと私は考えております。

 

というのもFXは24時間相場なのでやろうと思えば一日中トレードが出来てしまいます。

しかし辞め時もわからずどんどん損失を重ねてしまい、短時間短期間で証拠金を失う方もいらっしゃるのが現状。

 

なので初心者トレーダーであれば、なおさらトレードルールをしっかり決めた上で無理がないトレードを目指すべきなのですが、初心者トレーダーがいきなり高度なトレードルールを作っても実行できず、結局元のルール無用のトレードを繰り返すことになることは見なくても明らかだと思います。

となるとシンプルで簡単で毎日実行可能なトレードルールが必要となってくるわけですが、この「シンプル」「簡単」「毎日実行可能」というキーワードがトレードルール作りをより難しいものとしてしまうのです。

 

何故、シンプルで簡単なトレードルールを作ろうとすると、一筋縄ではいかないのでしょうか?

それは初心者にとって一番簡単なトレードルールがどんなものかわからないということです。

 

例えばサッカー選手にとって一番簡単なプレーとはなんですか?と聞いたとします。

選手によってはドリブルと答えるでしょうし、パス回しと答えるかもしれません。

しかしそれは選手によって全く異なることですし、サッカーをもしプレーしたことがない方にとって未知なるものを探すことに等しい行為だと思います。

 

んん??ということはどういうこと?ルールって何を基準に作ればいいの?

そう思って混乱させてしまったなら申し訳ございませんm(_ _)m

ですがシンプルで簡単なことは、どんなことでもそうですが一番難しく、それを考えるのはある意味単純ではないのです。

 

芸術でもスポーツでもある一定のレベルまで極めた人でないと答えられないのが「シンプル」「単純」だと思うんです。

私もFXシンプルトレードレポートなるものを作って販売しておりますが、まだまだ削ぎ落とせる部分はあるのではないかと日夜考えております。

それでも今の所これ以上ないくらいシンプルなルールとして、FXシンプルトレードレポートがあるわけですが、読者様が考える上で最も大切な3つの基準をお話したいと思います。

 

ルールを考える上で必要な3つの情報とは?

トレードルールを考える上で必要となってくる情報とは何でしょうか?

私がおすすめする3つの情報を説明していきたいと思います。

 

1.時間

トレードルールを作る上最も大切な情報は「時間」であると断言できます。

時間がない方、お忙しい方がもし無理やりトレードをしたとなると、ミスも増えると思いますし、そもそもチャートを落ち着いて見ることも出来ないでしょうから狙うポイントもわからず無茶苦茶なトレードを繰り返してしまうかもしれません。

 

なので出来るだけ早い段階で、FXを行う時間を確保することが肝心となってくると私は考えます。

私も昔、朝は始発、夜は終電となる地獄のような仕事をしていた時期がありました。

「しんたろう、最近見ないね~」「あいつそういえば何しているんだ?」なんて噂がご近所で広がったことがあったようで「あいつ死んだらしいよ」なんてとんでもない話をしているやつもいたらしいのですw

 

「しんたろうは陽の光を見ない」

こんな話があるのが当時の私で、今もあまり変わってはいませんが、時間がたくさん作れている点で言えば昔とは大違いです。

 

草食系男子ではなく菌糸系男子だったしんたろうですが、時間を作ろうと思ったキッカケは、やはりFXにありました。

しっかり稼ぐにはどうしても時間が必要不可欠であって、市場の原理やトレンド、ローソク足を学習するうちに益々、時間が大切だと身にしみて分かってきたのです。

一念発起して仕事を辞め、無理がないトレードをしながら生活出来るようになり、周りを見れるぐらい余裕がある自分を取り戻せたことで、菌糸系男子から普通の男子に戻れましたw

 

そんなに時間がないなら自動売買でもすればいいのに・・・・そんな声が聞こえてきそうですが、私は自動売買は全くわからないので、ここでは割愛させていただきます。

最近は自動売買システムを証券会社、FX会社が提供しているところもあり、時間がない方にとって助かるツールとなっているようですが、私は自分で行ったトレードは最後まで自分の責任で管理したい派なので、おすすめも出来ないのですが、もしトレードルールを作るのが面倒!なら自動売買システムもありかもしれませんね。

 

なので話がそれてしまいましたが、まずは自分自身がトレードしたい通貨ペアと、活発に動き市場時間、そして自分自身が落ち着いてチャートを見ることが出来る生活時間を考えながらトレードルールを作るのが大切だと私は考えます。

 

2.トレードスタイル

トレードルールを考える上で次に必要となってくるのがトレードスタイルだと思います。

小さい値幅をたくさん取る「スキャルピング」や一日~数日でトレードを行う「デイトレード」など様々なトレードスタイルがありますが、自分にとって最も相性がいいトレードスタイルを見つけることもまた簡単で毎日実行可能なトレードスタイルを決める上では必要な情報ではないでしょうか。

 

自分に取って最も相性が良いことは何なのか・・・・

私と師匠でもトレードスタイルは変わりますし、扱う時間軸は全く異なります。

まさに十人十色ですが、人それぞれトレードスタイルは変わるので、これが正解!!というトレードスタイルは存在しませんが、ここをしっかり決めておかないと「隣の芝生は青い」状態になってしまい、結局無駄なトレードのオンパレードになりかねないのです。

 

勉強会ではトレードルールを決めたのなら最低三ヶ月検証してみてくださいと助言しております。

これはトレードルールの中身を検証する意味も含まれておりますが、そもそもそのトレードルールが自分自身のトレードスタイルとあっているのかという検証も含まれており、最低三ヶ月間継続できなければ、その後のトレードにも大きく影響してしまうのです。

そしてトレードルールを自分が守りきれるのか?というメンタル検証も含まれております。

どんなに素晴らしいトレードルールを作ったとしても守れなければ意味がありませんからね。変化してしまう可能性があるのはむしろ自分自身だと思ったほうが自然です。

 

なのでまずは自分にあったトレードスタイルを模索してみることが大切だと私は考えております。

 

3.単純かどうかの検証

そしてこれが一番の肝となる情報ですが、作ったトレードルールが本当に単純で理解出来るものかどうか調べることが肝心だと思います。

これはかなり難しくハードルが高い作業ですが、一番簡単に判別するためには第三者にルールを説明し、理解できるのか確認することが最良だと思います。

 

毎日実行可能なルールとなるとシンプルで単純なものが一番です。

ですが第三者にルールを説明しても理解されず、そもそも難解なものだと必ず破綻しルール無視のトレードになりかねません。

なので出来るだけ削ぎ落とす作業が必要となってきます。

 

私が愛読しているデイトレードにはこう書かれております。

「中学生でも理解できるルールなのかどうか」

トレードをしたことがない方にトレードルールを説明しても理解してもらえるのか?という疑問があるかもしれませんが、そもそも一般の方に理解出来ないトレードルールはある意味、シンプルではありませんし単純なものとは言えないと思います。

 

今時分が作っている、もしくは完成し検証しているルールを再度確認してみてください。

そして削ぎ落とせる部分がないか検証してみてください。

FXにはダイエットも必要で、余計なルールはむしろ邪魔になります。

論理的でかつメンタルに左右されないルールでないと意味がありません。

 

アップルの創業者スティーブ・ジョブズ氏はこう言っております。

「大ヒット出来る商品かどうかは子供に持たせればわかる」

iPadを開発する際、子供に持たせて遊ばせたところ夢中で遊んでいる姿を見て「売れる」と確信したそうです。

そのくらいシンプルでないと売れないと思っているあたりが、さすがスティーブ・ジョブズ氏だと感心しますが、私達の「これから」を作るトレードルールもある意味子供に理解できるくらいシンプルにすべきだと私は考えます。

近くに子供もいないし、友達もいないんですけど・・・・という方は勉強会がありますので是非利用していただきたいのですが、まずは自分に取って一番簡単なルールを作って検証して頂き最低三ヶ月実行できるのか確認してみてください。

 

まとめ

現在行っているFXサバイバルトレードは、自分との戦いであってしっかりとしたトレードルールを自分自身で決めて素直に実行できなければとても卒業できないと思います。

しかし無茶苦茶なトレードをしろっと言っているわけではありません。欲張らず毎日実行可能なトレードが出来ているのか確認する場でもあると私は考えております。

まだまだ始まったばかりですので、途中参加の方も随時募集中なので、トレードが不安で中々成績が伸び悩んでいる方は是非FXサバイバルトレードに挑戦し、自分にとってのシンプルさを追い求めていただければ幸いです。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

 

応援クリックありがとうございます。

タイアップFX会社

LIGHT FX

-トレードルール
-

© 2021 FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。