お知らせ

勉強会からのお知らせ 水平線 しんたろうのオリジナルレポート

【重要】水平線レポート ローソク足水平線分析論第二版の発売終了は10月31日です。

投稿日:

←応援クリックありがとうございます!

こんにちは~しんたろうです。

以前からお知らせしております「水平線レポート ローソク足水平線分析論」ですが、いよいよ発売終了である10月末が近づいてきました。

まだ手に入れていない方は是非お早めにご検討くださいm(_ _)m 勉強会に参加されている方や動画メルマガ購読者様はお安く手に入れることができますので最後のチャンスですからご利用になってください。

【スポンサーリンク】FXトレード・フィナンシャル【スポンサーリンク】

 

購入はコチラ

何故、水平線が重要視されるのか?

しんたろうがレポートにしてまで、読者様に警告する水平線の重要性はトレードしている人間でないと、そのありがたさに気が付けないかもしれません。

というのもチャートは誰のものか?ということ考えた場合、間違いなく一般投資家が動かしているわけではないということです。

ということは相場の神々が動かしているなら、相場の神々が見ている「目線」や「価格」を事前に察知してしっかりした準備して置かなければいけませんよね?

それが水平線なのです。例えばこちらのチャートをご覧になってください。

皆様がこのチャートを見たときに、真っ先に「あのあたりに水平線が引けそう~」と見えていれば問題ないのですが、全く見えない(T_T)ということになりますと、その状態でトレードするのは目隠しをしながら高速道路を運転しているようなもので大変危険と言わざる得ません。

もっとまずいのが、水平線が見えているのにその水平線付近でトレードしていることです。

自分で引いた水平線がどういった水平線なのか知っているようで、間違った知識でトレードに利用してしまい、大怪我を追うケースもあったりします。

なので水平線は絶対に相場環境認識から外すことが出来ず、もし水平線を安易に捉えて考えていると必ず痛い目にあうと断言させて頂きます。

相場には2大勢力しかいない

皆様はチャートを動かしている人間を目の前で見たことがありますか?

「そんなの都市伝説では?」とおそらく誰も見たことがないのではないでしょうか?少なくとも一般投資家である私達には見る機会がないと思います。

でもよくよく考えてみると、相場には買うグループと売るグループの二大勢力しかおらず、その2つの勢力が日夜為替の世界で戦争を繰り広げているということを絶対に忘れてはいけません。

その境界線を決めているのがチャートの高値安値や相場の参加者が必ず注目している水平線だったりします。

水平線にも買う側の水平線と売る側の水平線があったりするのです。

重要な情報は安い料金で購入することはできない

FXの教科書的な書籍を見ると抵抗線や支持線(レジサポ)のことは解説しているものもありますが、更に細かい水平線やローソク足レベルのレジサポなどのことは、殆ど説明がなく、私自身もこれまでいろいろな書籍も読み漁ってきましたが、あまりお目にかかった記憶がないほどです。

もちろんまったくないわけではありませんが、そういった詳しい情報を得るには多額の金額をかけてセミナーに参加したり、書籍を購入したりしなければいけません。

しんたろうのFX勉強会で提供する情報は、常に「ローソク足レベル」の詳しい情報です。

一口に水平線と言っても多数の種類があるので、これが一番重要!!とは言えない状況ですが、そんな水平線をまとめて読めるのはしんたろうが言うのもなんですが、大変便利だと思います。

<スポンサー広告>セントラル短資FX<スポンサー広告>

最後に・・・

FXは金融商材であり、投資です。

投資の世界は常にリスクがつきもので、書籍購入や情報入手にもお金が必要です。

将来への自分の投資であることは間違いなので、この機会に是非水平線の奥深さに触れてみてはいかがでしょうか?

再販の予定にありませんので、水平線が苦手な方や重要な水平線付近で逆張りを繰り返してしまう方は是非検討してみて下しあ。

ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

←応援クリックありがとうございます!

タイアップFX会社

FXトレード・フィナンシャル

おすすめ記事

-勉強会からのお知らせ, 水平線, しんたろうのオリジナルレポート
-

Translate »

Copyright© FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター , 2019 All Rights Reserved.