FXデイトレード手法 トレードルール

FXトレードルール|自分のトレードルールを実行する前に必ず考えなくてはいけない5つのこと

←応援クリックありがとうございます!

こんにちは~しんたろうです。

2019年も残り一ヶ月を切りましたが、読者様は悔いがないようにしっかり行動できましたか?

しんたろうはめちゃくちゃ悔いが残っております(T_T)

卒業生輩出20人を達成できませんでしたし、健康診断で生活指導が入ったり、もっと頑張れたのでは?と思うことばかり考えてしまいます。

ただそんなことを12月になってから考えても仕方がないので、今、出来ることを考えて行動したいと思います。

さて今回のテーマは「トレードルール」についてです。FXの基本がある程度わかってくると必ずぶつかる壁のひとつなのですが、自分のルールを見つける前に必ず考えなくてはいけないことがいくつかありますので、一緒に考えていきましょう。

【スポンサーリンク】FXトレード・フィナンシャル【スポンサーリンク】

トレードルールを実行する前に考えなくてはいけない5つのこと

読者様が、私のブログをご覧になっているということは、少なからずFXに興味があったり、実際にトレードしていたりすると思います。

そしたら自分のマイルールを作って、トレードされている方もいらっしゃると思いますが、実際に話を聞いてみると、作りたいと考えているけどどうすれば良いのかわからない方や、そもそもFXのルールを決める意味があるのか?と根本的なことで悩んでいる方も多くいらっしゃるようです。

私も4時間足と日足、長期足やトレンド、高値安値、水平線などのツールをルールに組み込んでトレードしておりますが、最初はどのようにルールを作れば良いのかわからず、適当に作って、ルールを破るを繰り返しておりました。そんな経験から言えることを今回はここに記しておきます。

1.FXで何をしたいのか?

お金を稼ぐ以外、何かあるの?と思ってしまうかもしれませんが、トレードルールを作っていくうちに、研究者になりたいの??と思ってしまうような論文を書いている参加者もいらっしゃいます。

考えすぎてしまい、煮詰めすぎてしまう方も多くいらっしゃるようですが、これはFXに行う上で逆効果です。

まず大切なことは、FXで何をしたいのか明確にすることです。

明確にすることによって、どんな道順でその目標に到達できるのか自分自身にはっきり分からせる必要があります。

FXはチャートのどこでもエントリーできますし、正解や不正解などない金融商材です。短期でも長期でもポジションを保有できますし、制約も他の金融商材に比べたらかなり少ないと思います。

だからこそ聖杯探しに走る方もまだまだいらっしゃいますし、いつの間にか研究所に勤めているのか?と思うような研究者も出現したりします。

しんたろうのFX勉強会では、各自、FXで稼いで何をしたいのか、勉強会に参加される前に宣言してもらっております。もちろん必ず達成していただきますが、いきなりぶっ飛んだ目標でもいいのです。

目標を作ってそこに向かうための道順で、一番最初は何をクリアしなければいけないのか明確にすることが重要ポイントになります。

100万円を明日中に1億円にしろ!と言われても不可能ですよね。山に登るときも一合目から登り始めるように誰でもクリアできるでしょ?という目標を自分で作り突破することが肝心なのです。

いつの間にか聖杯探しになってしまい、トレードルールも絶対負けない聖杯のようなルールを作っている方がいらっしゃいますが、それは自分の力量を知らず、ただかっこいいルールが出来たと自己満足に浸っているだけです。それでは意味がありませんし、必ず自滅の道を辿ってしまいます。

なのでまずはFXで何をしたいのか具体的に明確に決めて、ただひたすらに邁進することに専念しましょう。

2.紙に書くことが出来るルールであるのか?

ルールを作る際に、特別なことは何も必要ありません。5分以内に紙に書くことが出来て、第三者に解説した時にしっかり理解できるトレードルールでないと意味がありません。

中学生が読者様のルールを聞いた時に「よく分かった!!」と言ってくれるのか、「まったくわからない。」と答えるのか、この差はかなり大きいと思ってください。

中学生はFXなんて知らないのだから、俺様のルールも理解できるわけない!!と考えているのなら、最初からルール作りは失敗しております。

誰でも理解できるくらいシンプルであって、毎日実行可能。そして管理しやすく遵守出来るルールでないと、必ず自滅します。

しんたろうも以前はインディケーターにルールを求めて、様々なインディケーターに色々な数字を入力し、どうにかして聖杯的な要素が見つからないか一日中探し回ってしまいました。

その影響からか難しい情報=聖杯的な要素というよくわからない図式が完成してしまい、そこから抜け出せずにダラダラ無駄な時間を浪費してしまったのです。

何とかトレードルールを作ることが出来ましたが、ある時第三者に解説した際、難しすぎて理解できないと言われ、それでも自分が理解出ればいいのでは?と考え実行してみましたが、一ヶ月と持たず挫折してしまったことを思い出します。

FXを知っていると勝手に勘違いしていただけの愚か者の行動であったことは明確ですし、何よりも頭がガチガチで柔軟な考えができず、誰かの意見も素直に聞くことが出来ない堅物だったのです。

そもそも紙にかけないようなルールはルールではありません。計算機や数式を用いているようなルールは必ず自滅します。なので5分以内に紙に書けて説明出来るようなルールでなければ、継続させることは不可能だと確信しております。

3.自分が持っている武器の使用方法を理解しているのか?

FXは戦場ですので、裸一貫で生き抜けるほど甘い世界ではありません。

相場環境認識を怠れば即死しますし、闇雲に戦場を駆け抜けようと甘い判断をしてしまえば戦場から生きて帰ってくることは難しいと思います。

もちろん慎重に慎重を重ねたようなトレードが出来れば、生き残れる可能性は飛躍的に上昇しますが、そもそも自分がどんな武器を持っているのか確認すらしたことがない方が大半ではないでしょうか?

おもちゃの武器を手にして喜んでいる子供の次の行動は、その武器を動かすことです。我慢できずにどうでもいい場面で起動したりしますよね。

でも殆ど説明書を読まずに遊んでいるので、足りない部品があったり、無理やり動かして壊したりするのがお約束ですw

大人でも同じことが言えると思いますが、FXで新しい知識や情報を入手すると、どうしても実行してみたくなったりして、口座を開設してすぐ現金トレードをしてしまうのではないでしょうか?

そんなことをすれば、すぐ現金をすべて溶かしてしまいますし、自分を肯定して都合がいい言い訳を並べ、追加資金をどんどん投入して取り返しがつかないことになってしまいがちです。

まずは落ち着いて、自分が持っている武器(基礎理論)を整理整頓してみましょう。もし近くに誰か聞いてもらえるような方がいらっしゃるなら、その方に自分が理解している武器の使い方を解説して感想をもらってみてください。

武器の使用方法を理解してからルール作りに取り掛からなければ、作ってもすぐ作り直しになってしまい、時間の無駄になってしまいます。

4.ルールを継続させるメンタルはあるのか?

ルールを作っても、その日中にルールを破ってしまっては意味がありません。

例えば前日の日足の高値安値を確認するというルールを作っても、3日でルールを破るようであれば、どんなに良いルールを作っても無駄に終わってしまいます。

先程、5分以内に紙に書けるルールでないと意味がないと言いましたが、それは継続させる上でシンプルでないと意味がないという意味でもあるのです。

例えば信号機は、赤、黄色、青ですが、もし信号機の色が20色だったらどうでしょうか?判断に迷ってしまい、交差点で多数の死傷者が出てもおかしくないですよね。

私達が信号を見て判断し、行動できるのは交通ルールがシンプルだからです。もし複雑なルールが信号機に設けられていたら守れない方が続出したのではないでしょうか?

大切なことは、ルールの中身よりもルールを厳守し守り続けるメンタルを持っているのかどうかが重要な鍵となります。

世界中のお金持ちの方に共通していることは、一度決めたことはやり通すメンタルの強さと継続力だと経済学者がおっしゃっておりましたが、全くその通りでチリも積もれば必ず山になるという言葉がぴったりだと思いますね。

ただお金持ちのルールは特別な内容ではありません。朝4時に起きるとかファーストフード店には行かない、米を食べないなど複雑なルールは殆どないように感じます。

隣の芝生は青く見えるものです。ですが、それはあくまでも隣の芝生であって自分の芝生ではありません。自分の芝生を青く見せるには毎日継続してお手入れをしないといけませんので、簡単なルールでも最低でも三ヶ月間守れるようなメンタルを身に着けておきましょう。

5.自分の生活スタイルにあったルールであるのか?

ここが一番大切なポイントとなってくるのですが、そもそもFXにどれだけの時間を費やせるのかよく分かっていない方が実はいらっしゃたりします。

ルールを実際実行しても生活スタイルと合わず、ルールを改変したり破ったりと様々な言い訳をする方が跡を絶たず、仕事が忙しすぎてチャートを見ている時間もない!なんて方がルールを作ってどうやってFXで稼いでいくのか逆に質問したいですよね。

お金を稼ぎたくてFXをしているはずなのに、時間がなさすぎてチャートも見れなければ勉強会にも参加できないなんて、やっていることが本末転倒です。

そんな状況が続いていけば、負のサイクルがいつまでも回り続けますし、無理やりルールを作ってトレードしても無駄に終わってしまいます。

まずは身の回りのことから整理し、落ち着いてからルール作りを行ったほうが良いのではないでしょうか?

しんたろうもFXで生きていくと決めてから、身の回りのことから整理し始めましたし、時間の節約術を身につけるようと様々なアイディア本や動画も参考にさせてもらいました。

その努力のかいあって、好きな時間にチャートを見ることが出来るようになりましたし、時間の制約がないので好きな仕事や作業に時間を使うことが出来るようになりました。

一日は24時間しかありませんし、お金持ちもそうでない人も平等に与えられたものですから、その貴重な時間をどう使ってお金を稼ぐかは自分の頭の中にしか答えはありません。

忙しい!忙しい!!と呪文のように口に出している方は、どこで節約できるのかよく考えながら生活してみると意外と時間を作れることに気がつくと思いますよ。

<スポンサー広告>セントラル短資FX<スポンサー広告>

まとめ

トレードルールをこれから作る方、今回の記事、どうお考えになったでしょうか?

とにかく長文なルールなんて今すぐやめましょう!意味はありませんし、ものすごく難しく難解に作っても短命で終わってしまいます。

まずはルールを作る前にミニルールを作って本当に守れるのか挑戦してみてください。もし一ヶ月も持たず挫折したのならFXをやらずに他のことを行ったほうがいいのかもしれません。

目指すべきトレーダーを見つけるのも良いことだと思います。好きな芸能人でもいいですし、憧れのアーティストでもいいです。あの人と同じようなファッションでも考え方でも真似してみるのはとてもいいことです。

そこから何かが見えてくればお宝ゲットですし、結果が出てくれば楽しくなるはずです。ルールを作る前に今回の記事をよく読んで作ってみてくださいね。ここまでお読み頂き誠にありがとうございました。

 

 

←応援クリックありがとうございます!

タイアップFX会社

FXトレード・フィナンシャル

おすすめ記事

-FXデイトレード手法, トレードルール
-

Translate »

Copyright© FXデイトレード|しんたろうのFX勉強会|ローソク足ダウ理論徹底マスター , 2019 All Rights Reserved.